卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 教育学部は、多様な学校種における主体的で豊かな人間性を身につけた力量ある質の高い教員を養成することを目的としている。
 そのため、教育学部では、所定の教育課程を修め、以下の知識を修得し、求められる資質・能力を獲得したものに学士(教育学)の学位を授与する。

@専門的な深い知識の修得に関連する事柄                
 ○課程・コース・専修等ごとに定められた教育に関する専門的な知識・技能
  ・教職に関する専門的な知識・技能                        
  ・教科や専門分野に関する専門的な知識・技能          

A専門性のある幅広い基本的知識の修得に関連する事柄
 ○教育の基盤となる基本的知識、態度、能力
  ・日本国憲法に関する基本的な理解                       
  ・心身の健康に関する基本的な理解と態度                   
  ・人文・社会・自然諸科学に関する幅広い理解               
  ・英語を用いて意思を疎通させる能力                    
  ・情報リテラシーとプレゼンテーション能力                    

B学部における人材養成の目的に合致した資質・能力の獲得に関連する事柄
 ○力量のある教員に必要な知識・技能を活用できる能力
  ・教科や専門分野に関する知識・技能を指導に生かすための方法的技術
  ・教育実践を通した子供理解と実践的指導力          
 ○教員に求められる人間性と社会性                
  ・教員としての使命感や責任感、教育的愛情
  ・教員としての社会性や対人関係能力       
  ・社会貢献への強い意欲
  ・学び続ける姿勢

卒業認定と学位授与に関連する事柄
 教育学部では、明確な基準のもとで厳格に行われる成績評価に基づき、所定の教育課程を修め、以上の知識を修得し、求められる資質・能力を獲得したものに対し卒業を認定し、学位を授与する。