卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 経済学部では、明確な基準のもとで厳格に行われる成績評価にもとづき、以下の知識を修得し、資質の涵養に努め、求められる能力を獲得したと判断されるものに学士(経済学)の学位を授与する。

(1)諸科学に関する幅広い基本的知識
 ・人文科学の基本的知識に関する理解
 ・社会科学の基本的知識に関する理解
 ・自然科学の基本的知識に関する理解

(2)社会科学の専門分野における十分な知識
 ・社会科学の幅広い知識
 ・昼間コースにおいては、所属するメジャー(経済分析、国際ビジネスと社会発展、経営イノベーション、法と公共政策)の専門分野に関する体系的で深い知識と理解
 ・夜間主コースにおいては、自ら選択した問題領域に関する体系的で深い知識と理解

(3)自ら進んで問題を発見し、その解決方法を探求できる能力
 ・問題発見能力
 ・知識を応用できる能力
 ・論理的な思考力
 ・論文執筆能力

(4)国際的視野をもち、国内外の人々とのコミュニケーション活動を活発に行い、社会に対して積極的に意見を発信し、貢献しうる能力
 ・情報リテラシー
 ・コミュニケーション能力(外国語能力を含む)
 ・プレゼンテーション能力

(5)自らの教養と専門的知見を卒業後も積極的に広めていくことができる能力
 ・継続的に学習する資質