卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

工学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 工学部では、自らの資質の涵養に努め、専門性のある幅広い知識と専門的な深い知識(1)〜(3)および思考力・判断力・表現力(4)、(5)を修得し、主体性・多様性・協働性(6)、(7)を身につけ、各学科における人材養成の目的に合致した能力を獲得した者に学士(工学)の学位を授与する。
 国立大学法人埼玉大学工学部規程に定めた基準に基づいて卒業認定を行う。授業科目毎に定めた到達目標に対する到達度に基づいて成績を厳格に評価する。
(1)技術者・研究者の教養となる人文学および社会科学に関する幅広い知識
(2)数学、自然科学、情報技術など工学の基礎に関する深い知識
(3)各専門分野における深い知識
 ・機械工学・システムデザイン、電気電子物理工学、情報工学、応用化学、および環境社会デザインに関する深い
  専門的知識
 ・専門分野に関係する他の工学分野や境界領域における幅広い知識
(4)修得した知識に基づき複雑な課題に柔軟に対応して解決する実践的能力
 ・論理的な思考力と判断力
 ・知識を応用して課題を解決できる能力
 ・種々の情報を利用して課題の解決方法をデザインする能力
 ・種々の技術を統合・システム化して社会実装できる能力
(5)国際的視野とコミュニケーション能力
 ・地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
 ・国内外の人々と的確に意思を疎通できるコミュニケーション能力
(6)主体性・多様性・協働性に関する能力
 ・技術者・研究者として主体的に行動する能力
 ・技術者・研究者として多様な人々と協働する能力
(7)社会的責任を自覚できる職業倫理観
 ・科学技術が社会や自然に及ぼす影響、技術者・研究者の社会的責任を理解できる能力