卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学研究科の修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学研究科

 教育学研究科は、学校教育の専門知識と研究能力を培う修士課程と、新しい学校づくり、学校改革を可能にする人材育成を目指す教職大学院(専門職学位課程)より成る。


教育学研究科の修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 [教育学研究科修士課程]
 教育学研究科修士課程では、学士課程段階で身につけた様々な知識・技能や観点に加え、それらの中で突出した力を備えており、各学校や地域の教育単位において指導的役割を担える人材を養成することを目的とする。
 そのため、教育学研究科修士課程では、明確な基準のもとで厳格に行われる成績評価・学位認定にもとづき、以下の知識を修得し、求められる能力・資質を獲得したものに、「修士(教育学)」を授与する。

1 教育関連諸科学や教科における高い専門性
 「学校教育専攻」
 @学校教育をめぐる諸課題を、様々な教育関連の学問領域を根底に据えて捉える力
 A子ども(人間)とその背景をなす社会に関する理論的な知見、及びそれらに対する高度な学問的知識・技能
 B教育課題解決のための、実践的手立てや教育方法についての、最新の成果を身につけ、自ら更新し、新しいもの  を創造する力
 「教科教育専攻」
 @小中を中心とする教科等に関する深い理解力
 A各教科等の指導法に関する、確かな実践力
 B実際の教育現場での検証を踏まえつつ、多彩で創造性あふれる教科の指導法やカリキュラム開発を行う力

2 学問領域の壁を越えて総合化する力
 自らが専門とする分野を基軸におきつつ、他分野・他領域との壁を超えて交わって学び、これからも変化し新し  く生まれて来るであろう様々な教育課題に対する、創造的な対応力

3 研究的実践者としての研究力
 関係諸機関と連携をはかりながら、教育現場と研究の場とを往還し、教育に関する研究の最前線に立つことがで  きる力

修了認定と学位授与に関連する事柄

 教育学研究科修士課程では、明確な基準のもとで厳格に行われる成績評価・学位認定にもとづき、以上の知識を修得し、求められる能力・資質を獲得したものに、「修士(教育学)」を授与する。

 [教職大学院(専門職学位課程)]
 専門職学位課程(教職大学院)は、社会の変化とともに学び続け、教員集団の中核として活躍する実践的探求力と課題解決力をもった教員を育成することを教育目的とする。この教育目的を達成するために、以下の資質・能力を獲得したものに、「教職修士(専門職)」を授与する。

1 高度な知識・技能に基づいた授業実践力
 子どもたちの個性に応じた学習支援に配慮しつつ、彼らが主体的・協働的に学ぶ授業をデザインし、実践できる高度な力

2 子ども理解に基づく学級経営力
 子どもたちや子どもたちを取り巻く現状を多面的多角的に把握した上で、良好な人間関係を構築し、彼らの思いや願いを受けとめた適切な学級経営ができる高度な力

3 的確な課題把握に基づく教育経営・学校運営力
 学校課題を的確に把握して問題解決をはかり、学校運営の中核的スクールリーダーとなりうる高度な組織マネジメント力

4 深い省察に基づく実践研究力
 教職実践者として実践を深くリフレクションしながら、実践と理論を往還する高度な研究力

修了認定と学位授与に関する事柄

 専門職学位課程では、明確な基準のもとで厳格に行われる成績評価に基づき、所定の教育課程を修めて、以上の知識を獲得し、求められる資質・能力を獲得したものに対し修了を認定する。