教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

工学部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 工学部は、専門性の高い教育課程を編成するために、機械工学科、電気電子システム工学科、情報システム工学科、応用化学科、機能材料工学科、建設工学科、環境共生学科の7つの学科を置く。各学科は、修業年限4年を目標にして、学生が工学部で定めた「卒業認定・学位授与の方針」にかなう知識とこれを応用する能力を獲得し、自らの資質を涵養することが可能となる教育課程を編成する。
各学科は、編成した教育課程に沿って、以下に示す、(1)基盤科目、(2)外国語科目、(3)理工系基礎教育科目、(4)工学部基礎科目、(5)学科専門科目、(6)総合技術科目および(7)学際専門科目により体系的で質の高い教育を実施する。工学部では、学士課程4年間と大学院博士前期課程2年間からなる6年一貫型の教育カリキュラムを構築しており、学習意欲の高い学生は3年次から(8)大学院科目の履修が可能である。
 また、学生が身につけた学修成果については、科目毎に定めた学修目標に対する達成度に基づいて、予め定めた方法・基準により厳格に評価する。
(1)基盤科目
  歴史を踏まえ、グローバルかつ多元的な視点で物事を考え、未知の事態や新しい状況に的確に対応するための力を修得させる。併せて、発展する情報社会に対応するために、情報リテラシーについても修得させる。
(2)外国語科目
  グローバル化が進む現代において国際舞台で活躍できる人材を育成するために、英語(必修)を用いて自らの考えを積極的に発信する能力を修得させる。
(3)理工系基礎教育科目
  理工系学生が共通に身につけるべき数学、物理、化学および生物の4分野に関する基礎的素養の修得と異分野・周辺分野への基礎的理解を深めさせる。
(4)工学部基礎科目
  各学科の教育上必要となる工学に関する基礎的知識を修得させる。
(5)学科専門科目
  各学科が独自に開講する科目群であり、当該分野の専門家として活躍するために必要な高い専門性を修得させる。
(6)総合技術科目
  知的財産権の制度・法体系・運用等に関する基礎知識を修得させる。
(7)学際専門科目
 多様化・複雑化する科学技術に対応しうる人材を育成するために、各学科で学ぶ専門分野の周辺分野に位置づけられる専門知識を修得させる。
(8)大学院科目
  学部から大学院へと続く教育において、両者のギャップを埋めるための科目、すなわち大学院で修得すべき高度な専門知識の中で基礎に位置づけられる専門知識を修得させる。