教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

人文社会科学研究科の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

[人文社会科学研究科博士後期課程]
 学生が「修了認定・学位授与の方針」にかなう知識・能力を獲得することを可能にする教育課程を編成し、人文社会科学研究科博士後期課程教育プログラムに基づく体系的で質の高い教育を実施する。
 そのために、日本アジア文化専攻、経済経営専攻を置く。
 特に、社会人を主たる対象とする経済経営専攻では、それに対応した教育体制を提供する。
 学生は所定の授業を受講する。授業の成績評価は厳正に行う。また、指導教員による指導体制の下に、定められた準備段階および要件を満たして、博士論文を作成・提出する。学位論文の審査及び最終試験は、複数委員からなる審査委員会によって厳格に合否判定を行う。