入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育学部の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 教育学部では、次のような人に育つことを期待します。
 教育学部は幼稚園(認定こども園を含む)・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校など、様々な学校で活躍する教員を育成するための学部です。教育学部における学びを通じて、確かな学力を有した力量ある質の高い教員に育つことを目標とします。そのために必要な資質・能力として、まず、豊かな人間性や社会性、主体的に行動する態度、常に学び続ける姿勢などが育まれることを期待します。その上で、教育の場で出会う多様な人々との関りの中で問題を解決していく力と、各教科・諸学に関する高い専門性と教員としての幅広い知識・実践力という二つの力量を統合させた人材が育成されることを期待します。

 教育学部では、次のような知識の修得、能力の獲得などを目指した教育を行います。
@人文学・社会科学・自然科学を通じた幅広い教養・知識
A教育にたずさわる人が身につけておくべき幅広い基礎知識
B教育の諸分野(教育に関る諸分野・各教科に関る様々な学問)に関する専門的な知識・技能
C問題の答えを主体的に探し求めるのに必要な思考力・判断力・表現力
D教育の場における高度な実践的指導力
E豊かな人間性を有し、多様な人々との相互理解を通じて協働できる人間力

 教育学部では、次のような人が入学することを望んでいます。
@幼児・児童・生徒の個性を伸ばし、社会を生き抜く力をはぐくむ教職への意欲・情熱・使命感がある人
A幅広い教育に対する問題への関心の中に、自分の探求したい得意分野がある人
Bコミュニケーション能力や表現力が豊かで、相手の立場に立って考え、周囲と協調して行動できる人
C高等学校までに学ぶべき事項を幅広く修得し、入学後、専門的な知識・技能を理論と実践の両面にわたって修得するために必要な、諸教科の学力や実技能力を有している人
D入学後の学修において必要となる、様々な諸問題に柔軟に対応できるだけの確かな学力を有している人

 教育学部では、広く全国の高等学校卒業者、外国人留学生などの中から、学士課程教育を受ける適性のある人を積極的に受け入れます。多様な入学者を受入れるため、それぞれの条件を考慮して以下のような複数の入学試験を実施します。
(1)一般入試(前期日程)
・高等学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「調査書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な学力を調べるために大学入試センター試験を課します。
・専門教育の基礎となる学力を調べるために、専門領域に応じて国語、総合問題(地理歴史・公民)、
 数学、理科、外国語等の教科についての試験を課す課程・コース・専修等もあります。
・音楽、美術、保健体育の能力を調べるために実技検査を課す課程・コース・専修等もあります。
・面接を課す課程・コース・専修等もあります。面接ではそれぞれの専門に関する関心、知識、理解等を確認します。

(2)推薦入試
・高等学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「推薦書」・「調査書」と「各種調書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な学力を調べるために大学入試センター試験を課す課程・コース・専修等もあります。
・小論文を課す課程・コース・専修等もあります。小論文では思考力、理解力、表現力等を確認します。
・面接を課します。面接ではそれぞれの専門に関する関心、知識、理解等を確認します。
・音楽、美術、保健体育の能力を調べるために実技検査を課す課程・コース・専修等もあります。

(3)私費外国人留学生入試
・出身学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「修了証明書及び成績証明書等」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な学力を調べるために「日本留学試験」(日本語、数学、総合科目または理科)を課します。
・専門教育の基礎となる学力を調べるために、課程・コース・専修等及び専門領域に応じて、国語、総合問題(地理歴史・公民)、数学、理科、外国語等の教科についての試験を課します。
・音楽、美術、保健体育の能力を調べるために実技検査を課す課程・コース・専修等もあります。
・面接を課します。面接では志望の動機等を確認し、特に日本語能力を重視します。
・専門領域に対する知識・理解、学習意欲を確認するために面接を課す課程・コース・専修等もあります。