入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 経済学部では、私たちの下で学んだ卒業生が次のような人に育つことを期待します。
@自らの感性を生かし、すすんで問題を発見し、その解決方法を探究できる人
A国際的視野をもち、社会に積極的に意見を発信し、貢献することができる人
B自らの教養と専門的知見を、卒業した後も積極的に高めていくことができる人

 経済学部では、次のような知識、能力などの獲得を目指した教育を行います。
@社会科学に関する幅広い基礎知識と、各専門分野(経済分析、国際ビジネスと社会発展、経営イノベーション、法と公共政策)についての体系的で深い専門的知識
A疑問を学びにつなげ、目的に沿って学びをデザインする能力(必修科目「アカデミック・スキルズ」など)
B国際的視野に裏打ちされた対話能力(プレゼミ、演習など)
C自ら問題を発見・探求し、その成果を整合的にまとめ、効果的に発信できる能力(卒業研究) 

 経済学部では、次のような人が入学することを望んでいます。
@高等学校までに学ぶべきことがらを幅広く修得し、入学後に必要な基礎学力を有している人
A国内外の社会のさまざまな問題に対して旺盛な好奇心や知的関心をもち、それらを学ぶ意欲が高い人
B自分の将来像を思い描き、その中に経済学部で学ぶ意味を位置づけられる人
C幅広い教養と社会科学の専門的知見を身につけて、社会に貢献したいと考えている人
D自らの知識や経験を生かして、生涯にわたり自分自身をさらに発展させようと考えている人

 経済学部では、入学する皆さんに次のような学習姿勢を期待します。
(1)基礎学力の習得
・思考を明瞭にし、人に正しく伝える基礎的な力として、意味を明確に理解して使いこなせる豊かな語彙を蓄えること。
・断片的な知識の後ろにある一般的な論理や構造に関心を持ち、ある事柄が正しいと認めるときは、そのための条件や前提を合わせて理解すること。
(2)国内外の社会への関心を養うこと
・社会の諸現象について、過去の例、他地域・他産業の例などとの比較の視点を持ち、そこから学べる点を自分の言葉にまとめ直して、すぐ取り出せるようにしておくこと。
・ひとつの問題を複数の立場(利害関心)や複数の社会的な望ましさからとらえ、それらの対立点を理解し、複合的に問題を見る練習をすること。
(3)論理的思考力・表現力およびその基礎となる読解力の習得
・主張の根拠とその確からしさを意識し、相対的・客観的な見方によって議論を整理できるようになること。
・文章やデータなどの判断材料に基づき、正しいかどうかを客観的に判断する多様な方法を身につけ、具体的な問題に応用できるようになること。
・文章構成(論理の流れ、段落分けなど)を意識した、平明に論旨が伝わる文章が書けるようになること。

 経済学部では、多様なバックグラウンドから上記のような条件に沿う入学者を受け入れるため、それぞれの条件を考慮して以下のような複数の入学試験を実施します。
(1)一般入試(前期日程)
・高等学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「調査書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な学力を調べるために大学入試センター試験を課します。
・専門知識を修得する学力を調べるために、国語、数学、外国語の教科について試験を課します。
・「国際プログラム枠」では、国内外の社会に関する関心と論理的思考力・表現力を評価するために、小論文を課します。
(2)一般入試(後期日程)
・高等学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「調査書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な学力を調べるために大学入試センター試験を課します。
・課題を与えて小論文を課します。文章を読み、著者の考えを要約または説明させる設問と、それを踏まえて自分の考えを述べる設問を出題します。前者においては文章を要約できる理解力、論理的な明晰さ、段落分けなど文章構成の明確さ、後者においては論理的整合性、与えられた著者の考えとの対比・関連の明快さ、社会科学や社会の出来事に関連する知識の豊かさを中心に評価します。
(3)推薦入試
・英語と国際化に関連する埼玉大学経済学部の教育を積極的に受け止め活用してくれることを期待して、国際化と英語に自己投資を済ませた学生、すなわち留学経験者と外部英語能力試験の成績優秀者を募集対象とします。
・出身学校における学習状況を記載した出身学校長作成の「成績証明書」等の内容を選抜の基礎資料とします。
・課題を与えて小論文を課します。文章を読み、著者の考えを要約または説明させる設問と、それを踏まえて自分の考えを述べる設問を出題します。前者においては文章を要約できる理解力、論理的な明晰さ、段落分けなど文章構成の明確さ、後者においては論理的整合性、与えられた著者の考えとの対比・関連の明快さ、社会科学や社会の出来事に関連する知識の豊かさを中心に評価します。
(4)私費外国人留学生入試
・出身学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「成績証明書等」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的学力を調べるために、「日本留学試験」(日本語、数学、総合科目または理科)を課します。
・課題を与えて小論文を課します。文章を読み、著者の考えを要約または説明させる設問と、それを踏まえて自分の考えを述べる設問を出題します。著者の考えを要約または説明させる設問においては、文章を要約できる理解力、論理的な明晰さ、段落分けなど文章構成の明確さを中心に評価します。著者の考えを踏まえて自分の考えを述べる設問においては、論理的整合性、与えられた著者の考えとの対比・関連の明快さ、社会科学や社会の出来事に関連する知識の豊かさを中心に評価します。
・学習への意欲や可能性を調べるために、面接を課します。
(5)夜間主コース入試
・人物・学業ともに優れ、社会科学に広く関心をもち、積極的に学習する意欲をもっているかを調べるために、小論文と面接を課します。小論文においては、文章を読み、著者の考えを要約または説明させる設問と、それを踏まえて自分の考えを述べる設問を出題します。著者の考えを要約または説明させる設問においては、文章を要約できる理解力、論理的な明晰さ、段落分けなど文章構成の明確さを中心に評価します。著者の考えを踏まえて自分の考えを述べる設問においては、論理的整合性、与えられた著者の考えとの対比・関連の明快さ、社会科学や社会の出来事に関連する知識の豊かさを中心に評価します。