入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

工学部の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 工学部では、次のような人を育成することを目指しています。
工学部は、自然科学、人文・社会科学等に対する幅広い教養と知識を有し、専門分野における十分な知識と能力を備え、次代の我が国及び世界の産業社会を担う優れた技術者を養成することを目的としており、機械工学科、電気電子システム工学科、情報システム工学科、応用化学科、機能材料工学科、建設工学科、環境共生学科の7つの専門教育プログラム(学科)で構成されています。また、専門教育において修得した基礎的な知識・能力を活かして、大学院に進学し、高度技術者、研究者への道を歩むための能力を身に付けるとともに、豊かな教養と社会的責任を自覚できる倫理観を有し、実践的な企画・立案ができる人材を育てることを目指しています。

 工学部では、次のような知識、能力などの修得を目指した教育を行います。
@人文・社会科学に対する幅広い教養と知識
A工学の基礎及び各専門分野における十分な知識と能力
B課題を探求・発見し解決する実践的能力
C国際的視野とコミュニケーション能力
D多様な人々と協調し、主体的に行動する資質
E科学技術が社会や自然に及ぼす影響,技術者・研究者の社会的責任を理解できる倫理観

 工学部では、次のような人が入学することを望んでいます。
@高等学校までに学ぶべき事項を幅広く修得しているとともに、入学後の学修において特に必要となる数学、理科、英語の基礎学力を有している人
A国際的なプレゼンテーションやコミュニケーションの能力を修得するために必要な基礎学力を有している人
B知識を応用問題に活かすために、論理的思考ができる人
C工学の問題に関して知的好奇心が旺盛で、自ら学ぼうとする学習意欲のある人
D専門技術者として、グローバルな視点に立って国際社会に貢献する意欲のある人
E問題を整理し、解決方法を見出して、それを実践する意欲を有する人
F幅広い分野・世代の人との議論および共同作業によって目的を達成する意欲を有する人

 工学部では、広く全国の高等学校卒業者、帰国子女、外国人留学生などの中から、学士課程教育を受ける適性のある人を積極的に受け入れます。多様な入学者を受け入れるため、それぞれの条件を考慮して以下のような複数の入学試験を実施します。
(1)一般入試(前期日程)
・高等学校における課外活動・学習状況等を記載した出身学校長作成の「調査書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な知識および思考力を調べるために大学入試センター試験を課します。
・表現力、主体性を総合的に調べるために、面接または小論文を課します。
・5学科では、専門教育の基礎として必要な学力を調べるために、数学の教科についての試験を課します。
・2学科では、専門基礎知識、理解力、論理的思考力を総合的に調べるために、総合問題を課します。

(2)一般入試(後期日程)
・高等学校における課外活動・学習状況等を記載した出身学校長作成の「調査書」を選抜の基礎資料とします。
・基礎的な知識および思考力を調べるために大学入試センター試験を課します。
・専門教育の基礎として必要な知識、および理解力、論理的思考力、表現力を調べるために、数学と理科の教科についての試験を課します。

(3)アドミッション・オフィス入試
・埼玉大学の授業を受講させ、授業時に出題される課題に対するレポート、授業終了時に行われる小テストを課します。レポートや小テストでは、高等学校において身につけた知識と、授業内容に対する理解力および文章表現力を確認します。
・面接を課します。面接では、数学・英語の基礎学力に加えて、プレゼンテーション及びコミュニケーション能力ならびに主体性を評価します。
・選抜は、高等学校における学習状況を記載した出身学校長作成の「調査書」、「志望の理由」、毎回の講義終了時の小テスト、課題に対するレポート及び面接により総合的に行います。

(4)推薦入試
・高等学校における学習状況を記載した出身学校長作成の「推薦書」・「調査書」と「志望の理由」を選抜の基礎資料とします。
・面接を課します。面接では、口頭試問により基礎知識、理解力、論理的思考力を評価するほか、プレゼンテーション及びコミュニケーション能力ならびに主体性を評価します。
・数学及び理科の基礎知識と思考力を検査するために大学入試センター試験を課します。1学科ではこれに加えて英語の大学入試センター試験も課します。
・1学科では小論文を課します。小論文では理解力、論理的な思考力や表現力などを評価します。

(5)帰国子女入試
・出身学校における課外活動・学習状況等を記載した出身学校長作成の「成績証明書等」などの出願時に提出された資料を面接の際に活用し、総合的判断に用います。
・専門教育の基礎として必要な学力を調べるために、数学の教科についての試験を課します。
・面接を課します。面接では、理解力、論理的思考力、主体性、表現力、及び一般的学力(高等学校卒業レベル)と語学力を確認します。

(6)私費外国人留学生入試
・出身学校における学習状況等を記載した出身学校長作成の「修了証明書及び成績証明書等」などの出願時に提出された資料を面接の際に活用し、総合的判断に用います。
・基礎的な学力を調べるために「日本留学試験」(日本語、数学、理科)を課します。
・2学科では、専門教育の基礎として必要な学力を調べるために、数学の教科についての試験を課します。
・面接を課します。面接では、理解力、論理的思考力、主体性、表現力、及び一般的学力(高等学校卒業レベル)と語学力を確認します。