入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

人文社会科学研究科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)


[人文社会科学研究科博士前期課程]
 人文社会科学研究科(博士前期課程)では、次のような人に育つことを期待します。
 文化環境専攻では、人文学を中心に深く幅広い研究能力をもつ人、国際的な視野から文化・歴史・社会を洞察し、社会で活躍できる高度専門職業人。
 国際日本アジア専攻では、国際的視野からの日本とアジアに関する研究能力をもつ人、日本とアジアの文化・歴史・社会・ビジネスを理解し、国際的に活躍できる人。
 経済経営専攻では、経済・経営・行政についての学識および理論的・実証的な分析能力を活かし、社会においてリーダーシップを発揮できる人。
 人文社会科学研究科(博士前期課程)では、次のような知識、能力などの修得を目指した教育を行います。
 文化環境専攻では、人文学を中心とする研究分野についての深く幅広い学識と、国際的な視野から文化・歴史・社会を洞察できる能力。
 国際日本アジア専攻・日本アジア文化コースでは、日本とアジアに関する人文学を中心とする学識と、国際的な視野から文化・歴史・社会を洞察できる能力。
 国際日本アジア専攻・日本アジア経済経営コースでは、日本とアジアの文化・歴史・社会に関する学識と、経済・経営・行政についての理論的・実証的な分析能力。
 経済経営専攻では、経済・経営・行政についての学識および理論的・実証的な分析能力と、それを活かしてリーダーシップを発揮できる能力。
 人文社会科学研究科(博士前期課程)では、次のような人が入学することを望んでいます。
 文化環境専攻では、人文学を中心に深く幅広い研究能力を養うことをめざす人、国際的な視野から文化・歴史・社会を洞察し、社会で活躍できる高度専門職業人をめざす人。
 国際日本アジア専攻では、国際的視野からの日本とアジアに関する研究能力を養うことをめざす人、日本とアジアの文化・歴史・社会・ビジネスを理解し、国際的に活躍することをめざす人。
 経済経営専攻では、社会において抱いた問題意識等を、大学の知との融合によって発展させ、理論的かつ実践的に解決することをめざす人。
 人文社会科学研究科(博士前期課程)では、上記の目標に適性をもつ人を受け入れるために、次のような入学試験を実施します。
 文化環境専攻及び国際日本アジア専攻・日本アジア文化コースでは、面接、研究計画書、研究業績等の総合審査によって判定します。ただし、第1回入試の一般・社会人・外国人留学生入試では学力検査(専門科目の筆記試験)も行います。
 国際日本アジア専攻・日本アジア経済経営コース及び経済経営専攻では、面接、研究計画書、研究業績等の総合審査によって判定します。なお研究計画書は、予定している研究テーマの説明、これまでの準備状況、入学後の研究計画の記載を必要とします。


[人文社会科学研究科博士後期課程]
 人文社会科学研究科(博士後期課程)では、次のような人に育つことを期待します。
 日本アジア文化専攻では、人文学を中心とする研究分野についての深く幅広い学識と、自立した研究者としての専門的研究能力をもつ人、文化行政、文化界などの分野で活躍する人、専門性を一層深め、共生社会・文化振興に寄与する人。
 経済経営専攻では、経済・経営・行政についての理論と実務を融合し、社会において新たな知を創造できる自立した研究者としての専門的研究能力をもつ人。
 人文社会科学研究科(博士後期課程)では、次のような知識、能力などの修得を目指した教育を行います。
 日本アジア文化専攻では、人文学を中心とする研究分野についての深く幅広い学識と、自立した研究者としての専門的研究能力。
 経済経営専攻では、経済・経営・行政についての理論と実務を融合し、社会において新たな知を創造できる自立した研究者としての専門的研究能力。
 人文社会科学研究科(博士後期課程)では、次のような人が入学することを望んでいます。
 日本アジア文化専攻では、文化行政、文化界などの分野への就職を希望している人、専門性を一層深め、共生社会・文化振興に寄与する意欲のある人、取り組む予定の学位論文のテーマについての問題意識・研究能力を十分持っている人。
 経済経営専攻では、社会経験等に基づき、取り組む予定の学位論文のテーマについての問題意識が明確で、そのための研究能力を十分持っている人。
 人文社会科学研究科(博士後期課程)では、上記の目標に適性をもつ人を受け入れるために、次のような入学試験を実施します。
 日本アジア文化専攻、経済経営専攻とも、面接、研究計画書、研究業績等の総合審査によって判定します。


人文社会科学研究科のページへ