入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育学研究科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 [教育学研究科修士課程]
 教育学研究科修士課程では、次のような人に育つことを期待します。
 学校教育専攻及び教科教育専攻では、教員として必要とされる高度な研究力・実践力とともに、豊かな人間性・社会性を持ち、学校や地域の教育単位において指導的役割を担いうる人材が巣立つことを期待しています。

 教育学研究科修士課程では、次のような知識の修得、能力の獲得などを目指した教育を行います。
 学校教育学専攻では、学校教育をめぐる諸課題を、教育に関る様々な学問領域を根底に据えて捉える力、子ども(人間)とその背景をなす社会を学術的に理解する力、教育課題を解決するための実践的手立てや教育方法についての最新の成果を活用し、それらを更新して新しいものを創造していく力、さらには、他分野・他領域との壁を超えて交わって学んだり、教育現場と研究の場とを往還して研究を進めたりする力などを育成します。
 教科教育専攻では、小学校・中学校の教科等に関る深い理解力、各教科等の指導法に関する確かな実践力、実際の教育現場での検証を踏まえた多彩で創造性あふれる教科の指導法やカリキュラム開発を行う力、さらには、他分野・他領域との壁を超えて交わって学んだり、教育現場と研究の場とを往還して研究を進めたりする力などを育成します。

 教育学研究科修士課程では、次のような人が入学することを望んでいます。
 学校教育専攻及び教科教育専攻では、現代の教育課題を解決しようとする熱意を持ち、教育関連諸科学や各教科に関る学問領域において高い専門性を身につけることによって、教育にかかわる諸研究の最前線に立つことを目指す人が入学することを望んでいます。

 教育学研究科修士課程では、上記の目標に適性を持つ人を受け入れるために、次のような入学試験を実施します。
 学校教育専攻と教科教育専攻の一般選抜、及び同専攻の外国人留学生特別選抜では、筆記試験(専門科目と外国語)、実技試験及び口述試験、研究計画書などの総合審査によって判定します。同専攻の現職教員等特別選抜では、選抜試験(小論文)、研究計画書、教育実践・研究業績書などの総合審査によって判定します。


 [教育学研究科教職大学院(専門職学位課程)]
 教育学研究科専門職学位課程では、次のような人に育つことを期待します。
 教職実践専攻では、教員集団の中核として活躍する実践的探求力と課題解決力や、豊かな人間性・社会性を持つとともに、社会の変化とともに幅広く学び続ける教員となることが期待されています。

 教育学研究科専門職学位課程では、次のような知識の修得、能力の獲得などを目指した教育を行います。
 教職実践専攻では、高度な知識・技能に基づいて子どもたちが主体的・協働的に学ぶ授業をデザインし、実践できる力、子どもと彼らを取り巻く状況を深く理解した上で適切な学級経営を行える力、的確な課題把握に基づいて問題解決を図り、学校運営の中核的スクールリーダーとなりうるマネジメント力、実践と理論の往還に基づく深い省察を行い、実践研究につなげていく力などを育成します。

 教育学研究科専門職学位課程では、次のような人が入学することを望んでいます。
 教職実践専攻では、現代の教育課題を解決しようとする熱意を持ち、理論と実践を融合したカリキュラムによる学びによって研究力と実践力を培い、将来、教員集団の中核として活躍したいと考えている人が入学することを望んでいます。

 教育学研究科専門職学位課程では、上記の目標に適性を持つ人を受け入れるために、次のような入学試験を実施します。
 教職実践専攻の一般選抜では、小論文、口述試験、研究計画書等の総合審査によって判定します。同専攻の現職教員等特別選抜では、口述試験、研究計画書、教育実践・研究業績書等の総合審査によって判定します。