教育研究上の目的

教育研究上の目的 工学部

 工学部においては自然科学、人文学、社会科学等に対する幅広い教養及び知識を有するとともに、工学の専門分野における十分な知識及び能力を備え、次代の産業社会を担う優れた技術者の養成をめざし、博士前期課程における高度技術者及び研究者の養成にもつなげるための専門的能力の付与に力点をおいた教育研究を行うことを目的とする。

 
 機械工学科は、「材料と機械の力学」「エネルギーと流れ」「情報と制御」「設計と生産」およびその関連分野からなる機械工学分野の教育および研究を行い、機械工学に関する基礎的および専門的な知識を応用し機械を設計し製造する能力とともに、新たな知識を開拓していく能力を有し、一般社会に関する基礎的な知識とコミュニケーション能力を有する社会に対して責任ある対応をとることのできる人材を育成することを目的とする。
      
 
 電気電子システム工学科は、1.グローバルに発展する社会・経済の根幹を支える電気・電子・情報通信関連分野の基礎知識と基礎技術、2.技術者として社会や環境を考慮できる倫理観、3.技術革新を生み出せる創造的能力、
4.関連する技術を有機的に統合したシステムを創成できる能力、を備えた人材を育成することを目的とする。

 
 情報システム工学科は、学術、産業、経済の分野で情報システムの専門家として活躍できる人材の育成をめざして、計算機科学、システム工学、知能情報学、情報通信工学など、情報工学に不可欠な学問領域の体系的な教育・研究を行う。
これらの基礎的教育と専門的教育・研究を通して、時流の変化に柔軟に対応できる真の基礎学力をもち、幅広い素養に基づいた応用力豊かで倫理観のある人材を育成することを目的とする。

 応用化学科は、化学とその関連分野に関する幅広い知識と技術を教え、物質の原子および分子レベルから「ものづくり」を考えることができる、化学的な思考能力と創造力を育むための教育・研究を行う。これにより、環境に調和した持続可能な社会の実現に向けて、付加価値の高い物質の創製と、より進化した化学技術の開発に貢献できる人材を育成することを目的とする。

 機能材料工学科は、従来の重厚長大な「構造材料」に対し、精緻・微細な「機能材料」を扱う。機能材料は、現在の高度技術社会の基盤を支えており、近未来の多方面の技術と、それを基盤とする社会とを支えるものとしてますます重要性を持ち続けると考えられる。本学科は、この機能材料の開発に従事する高度技術者および研究者として活躍できる人材を養成することを目的とする。

 建設工学科は、持続発展性のある社会を支え、かつ自然環境に調和した社会基盤の整備に資する技術の継承・進展・開発に関わる教育・研究を行う。発展的な国土形成、自然災害への対策、安全・安心・快適な生活基盤の創出と維持管理などの建設工学の役割を担うため、多様化・複雑化・グローバル化する社会の中で、在学中に身に付けた建設技術の知識を活かして、民間企業、官庁、研究機関など様々な場において活躍できる人材を育成することを目的とする。

 環境共生学科は、生態系の動態を踏まえた自然との共存共生関係を基本とする持続可能な人間社会の形成に向けて、物質循環システムの確立と環境影響評価、生態系の保全・再生、生産システムや生活空間の構築に資する技術体系に関して学び、研究する。これらを通して、多様な環境と人類の共存共生の原理を科学的に解明し、その知見に基づく応用技術を開発するために主体的に挑戦する知的技術者の人材を育成することを目的とする。