教育研究上の目的

教育研究上の目的 工学部

 工学部においては、持続可能社会の実現・革新的技術の創生への強い意欲、高い職業倫理観を有し、工学に関する
基礎知識、専門分野に関する基礎・専門知識に加えて、人文・社会に係る基盤的素養、理工系全体を俯瞰する視点、
地域から日本・世界に跨る多角的視点を備え、それらを総合して社会的課題を工学の立場から異分野協働で解決し
社会実装できる実践力に富んだ技術系人材の育成を教育研究上の目的とする。

 
 機械工学・システムデザイン学科は、機械系技術者にとって必須な数学・物理等の理工系基礎科目、社会・地域の
視点に立った実践的科目を修得させ、機械系技術者としての基礎を身につけさせるとともに、「材料と機械の力学」、「エネルギーと流れ」、「情報と制御」、「設計と生産」を中核とする学科専門科目、及び、新たな技術システム・社会システムを創造・デザイン・マネジメントしていくための方法論・手法を修得した人材を育成することを目的とする。
      
 
 電気電子物理工学科は、コンピュータ・超LSI・光ファイバ等のハードウェア、それらを有機的に結び付ける
情報通信およびソフトウェア、メカトロニクス等の他の高度技術との結合に関する知識・技術、光・ナノテクノロジー
に基づく新材料・デバイス創出に関する知識・技術を身につけさせる。また、成果を産業化に結びつけるための知識・
能力を修得した人材を育成することを目的とする。

 
 情報工学科は、計算機科学、プログラミング等の情報系基礎、データベース・知識処理、デジタル信号処理、知的
センシング、情報通信ネットワーク、イメージサイエンス、機械学習、データサイエンス、AI/ビッグデータ等の最新
の情報通信技術に関する知識・能力、また、それらを応用・発展・総合する能力を修得した人材を育成することを目的とする。

 応用化学科は、物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、プロセス工学等の化学系コア科目群の修得とともに、
多様な社会ニーズに化学的視点から応えるための材料化学、高分子化学、生命化学、環境化学等の専門科目を
身に付け、化学的成果を産業化に結びつけるための知識・能力を修得した人材を育成することを目的とする。

 環境社会デザイン学科は、建設・環境系技術者にとって必須の理工系基礎科目、環境問題をはじめとする現代的課題
に直結した基盤的素養科目、社会・地域の視点に立った実践的科目を修得させ、建設・環境系技術者としての基礎を
身に付けさせるとともに、「地盤・地圏」、「構造・材料」、「地震・防災」、「水理・環境」、「交通・計画」」を
中核とする学科専門科目、および、社会基盤整備のための一連のプロセスを包括的に理解させるための環境社会
デザイン関連科目を修得した人材を育成することを目的とする。